アイドルマスター。

 

 おっかしいなぁ。

 こんなにハマるはずじゃなかったんだけどなぁ。

 

 そりゃ、グラフィックは綺麗だなぁ、と思ったよ。

 でも最初は、「とかちつくちて」とかって弾幕見て、変な曲だなぁとか思ってたし。

 ……どうしてこうなった?

 

 ああ、そうだ。コミュ動画だ。コミュ動画で、ときめいたんだ。

 エースコンバット6の付いたバリューパックが、とどめの一撃でした。

 

 初回プレイは迷わず律子。次が千早。

 予想に反して、叱られてばっかりなゲームだなぁ、と思いました。

 

 アイドルマスターSP。

 

 プロデューサー名:ガルシアP

 

 累計獲得ファン総数:1763名。最高獲得ファン人数:433万1241人。

 プロデュース回数:律子3、千早3、あずさ1、伊織1、亜美・真美1。

 

 いいゲームだと思います。

 新キャラの2人も、当初不安に思っていたよりは、上手く馴染んでいましたし。

 システムやグラフィックだと、アーケードに近い印象でしょうか。

 Xbox版では150万人獲得するのも苦労しましたが、

 やっぱり営業の後にレッスンできるのは大きいですね。善永さんと組みやすいですし。

 

 ストーリープロデュースでは、なんとなく皆、歳相応の未熟さとそこからの成長が目立っていた気がします。

 

 テーブルトークRPG。

 

 ニコニコ動画でも『卓ゲm@ster』というジャンルの中で架空戦記が作られていますが、

 いわゆる、テーブルトーク・RPG、というゲームがとても好きです。

 デジタルゲームでは到底追いつけない自由度の高さと、ロールプレイの面白さ。

 手札を切ったり、ダイスを転がしたり、あの感覚は、やっぱりたまらなく面白いです。

 

 TSR版 Dungeons&Dragons、トーキョーN◎VA、ソードワールド、ガープス……。楽しいなぁ。

 

 テーブルトークRPG・2。

 

 律子役の若林直美さんがTRPG好き、というブログ記事を書いていて歓喜。

 参照【2009年10月30日 (金) ダブルクロス THE3RD EDITION

 

 ダブルクロスはやったことがないのですが、文庫版らしいのでルールブックを買ってみたいと思います。

 なかなか人数集まらないので、実際にプレイする機会ないんですけどね。

 でも、キャラクター作成だけでも楽しいのがTRPGです!

 

 アイドルマスター2。

 

 アイドルマスター2というタイトルが発表されて、どれだけ時間が経っただろう。

 アイドルマスター2というタイトルが発売されて、どれだけの日々が過ぎただろう。

 

 そりゃ、もっとこうして欲しかった、という事は山ほどある。

 メッセージのスキップや、チュートリアル、どっとっぷTVのスルーくらいは欲しかった。

 でも。

 あれも欲しい、これも欲しいは無理だと思ってる。

 律子や伊織をプロデュースできないのは残念。

 だけど、竜宮小町という設定は、本当に魅力ある設定なので、

「竜宮小町なんて無い方が良かった! 律子をプロデュースさせろ!」なんてこれっぽっちも思わない。

 ジュピターの3人もそれぞれに魅力的で、面白い存在だと思う。

「ジュピターなんて要らない!」「その分他のキャラの出番増やせ!」なんてこれっぽっちも思わない。

 ただし、「何の為に出てきたの?」「どうせならラスト(IA大賞発表)までライバルでいろよw」には同感。

 

 改めて思うのは、『アイドルマスター』というゲームも好きだけど、

 アイマスの『世界』がとても好きなんだ、という事。

 アイマスを愛する人達が作る、二次創作の世界も大好きなんだ、という事。

 そして、その中にいる自分が、とても幸せなんだという事。

 

 ふれ合い、声掛け合う全ての同志に、感謝を。

 

 

2011.05.16.

inserted by FC2 system